--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/15

最近観た映画の雑感



検索引っかかるのあれかな~と思ってずっとタンブラーの方にこっそり流していたけれどよく考えたら弱小ブログだしこっちで書いても問題ないか・・・ってことで映画の雑感です。

これまでの雑感(タンブラーに移動します)↓
X−MENアポカリプス
「ファンタスティック・フォー」「ガタカ」「ロボコップ2」等
「オブリビオン」「ダーティーハリー」「ロボコップ3」等




今回は「パニッシャー」「ダイ・ハード」「マスク」です。

○パニッシャー(主演:Dラングレン)
1989年に公開されたパニッシャー。
パニッシャーは3作品あるけれどどれも繋がりがないし、設定がちょいちょい異なるってのがおもしろいです。どれも話自体は割と硬めも硬めで「パニッシャーとし生きるってのはこういうことなんだょ・・・」みたいなことをそれぞれ見せてるのが良いなと感じました。
言っちゃうとなんですが私はこのDラングレン版が映画作品としては一番好きです。音楽とか画面の構成とかそういうのが結構ツボでした。(ロボコップとかダーティーハリーとかが近い時期だし、単にこの頃の映画の雰囲気が好きなのかもしれない)
パニッシャーはウォーゾーンや後述のトムジェーンと比べると若干渋さが足りないので色男だし立ち回りや絶対殺す感はパニッシャーで安心できます。投げナイフかっこいいね。しかし何で全裸でたき火当たってるんだろう。
オモシロジャポン要素もりもりなんですが全体的にシリアスでハードな雰囲気をぶちこわさない程度でした。それでもトンデモジャパンだよ・・・ウルヴィサムライはがんばってたんやで・・・。


○パニッシャー(主演:トム・ジェーン)
2004年に公開されたパニッシャー。
いかにしてフランクはパニッシャーになったのか?というストーリーです。
ウォーゾーンと1989版ではそのあたりを描いていないので、パニッシャー3作品見ようと思ったらこのトム版を最初に観ればいいのかも・・・。設定は元警官じゃなくてFBIだけども。
悪人絶対殺すマンになる過程なので暗い&ツラい。悲しみが強い。
でもアクションシーンは良いし、要所でオモシロポイント(アイスクリーム拷問)や和みポイント(アパートの住人たちとのやりとり)など突っ込んでくるし、案の定悪人絶対殺すのでスッキリ終わるからバランスはとれてると思います。
トムジェーンのパニッシャーは確実に相手を死に追いやる罠を張っていくのがCOOL。


○ダイ・ハード
金曜とか日曜の洋画劇場とかで頻繁にやってるはずなんだけど不思議とちゃんと観たこと無かったので。
閉鎖状態のビルの中でテロリスト相手に孤軍奮闘する!というストーリーで、素直マクレーン頑張れと応援したくなった。テロリストも一方的にやっつけられるという感じではないし、外部との連携がうまくいかず窮地に陥るなど、最後までハラハラさせられる展開。怒濤のアクションと高めのテンションなのでかなりスピード感はあるので、楽しいハラハラ。「これどうなっちゃうの~~~!!?」って感じです。恒例(らしい)ガラスダッシュは流石に痛々しかった。
吹き替えの方がはっちゃけてるからいいぞ!と言われたので吹き替えでみたけど、テンションすごいな・・・。字幕と比較したわけじゃないから何ともいえないけど多分これすごいアレ(語彙力なし)
ところでこの年代の映画ってやたらと外資企業としてニッポン登場するけどやっぱり貿易の摩擦があれやこれやな時期だったというのもあるんだろうか。


○MASK
子供の時になんか怖くて見れなかった思い出から避けて通っていたのですが、友達におもしろいよ!とおすすめされたので、観ることにしました。
たぶんカートゥーンの誇張すぎる表現をリアルに持ってくると驚くほど異常で不気味っていう点で昔の自分が怖がった模様(今でも若干ある)
でもそれ以外は全く怖い要素ゼロだし、何も考えずに笑ってウキウキできる映画ですね。ハッピーエンドだし、吹き替え山ちゃんだしね。主役が冴えない銀行員だとか、マフィアの撃ち合いとかあるし単純には子供向けとはいかないから、子供心を忘れつつある大人向けという感じなんだろうか。割と映画ネタとか挟んでると思うし・・・ダーティーハリーしかわからなかったけど子供はダーティーハリーみないぞ多分(今日はツイてる日か?ってダーティーハリーネタだよなあ)
MASK2やリメイクもあるみたいなんですけど個人的には今作の終わり方が好きなんでしばらくは観ないと思います。マスクやっぱりちょっと怖いし()





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。